【辣式】理想の担々を探す旅 第40弾 味の変化が楽しめる旨辛麺〝らぁ麺やまぐち 辣式〟で麻婆まぜそばを食べてきた【東陽町】

理想の担々麺を探す旅 第40弾 東西線の東陽町駅に行ってきた

 どうも、夜ふかしきつねです。
 ワールドカップ、楽しいですねっ!!!
 深夜に見ることはできませんが、帯時間であればなんとかテレビがつけられますし、なんなら今は速報なんかも見れます。あまりサッカーに詳しくないのでめったなことは言えませんが、眺めているだけでもおもしろいというのはすごいことのように感じます。すみっこの誰にも気づかれない場所で、静かに応援していようかと思います(*'ω'*)ガンガレニッポン

 東陽町に行ってきました。

 正直、降りるまで東陽町という街にピンとくるものがありませんでした。降りてからもあまり見て回る時間は取れなかったのですが、高層ビルが多い場所なんですね。勝手な印象で、住宅街なのかなあ、なんて思っていたのですがそんなことはなかったです。ジャストミートでランチタイムに街に降り立つと、オフィスワーカーだらけでした。その割に、ご飯が食べられる場所やお茶できる場所が少なくて、カンカン照りの中探すのは早々にあきらめて、コンビニご飯にシフトしちゃいそうです。
 
 そんな東陽町で、某雑誌にも取り上げられた有名〝らぁ麺〟屋さんでランチをしてきました。


〝らぁ麺やまぐち 辣式〟で気品すら感じる麻婆まぜそばを食べてきた

 今回行ってきたお店は、「らぁ麺やまぐち 辣式」。


IMG_1885.JPG


 東西線 東陽町駅の4番出口を出て、インターモード花形を左に曲がった小道にあります。一生懸命歩かなくても1分くらいで着いちゃうんじゃないでしょうかね。かなり近い位置にあります。


IMG_1884.JPG


 実は、ランチタイムのど真ん中の時間に一回行ってみたのですが、とんでもない長蛇の列。できれば写真も撮りたかったので、お邪魔にならないよう少しだけ時間をずらしての再訪問です。
 さすがに待っている人はいませんでしたが、店内はカウンターを2~3つしか空いておらず、私が入ってきた後にも入店があり満員になっていたんじゃないでしょうかね。


IMG_1887.JPG


 ありました、ありました。私が見かけた雑誌です。
 て、もっと雑誌に載っているっ!!!!?
 ラー〇ンWalkerさんは頻繁に目を通すので知っていたのですが、そのほかのは知らなかった・・・。すごいですね。らぁ麺やまぐち 辣式、やり手ですねえ。


 私のリサーチ不足はさておき、早速店内へ。

 縦長のカウンターが伸びる店内は、入り口から入る採光がまぶしく感じてしまう程度に暗めに設定されていて、なんとなく大人な雰囲気。落ち着いている、と表現を変えましょうか。


IMG_1889.JPG


 券売機を見てみると、ざっくり「麻婆まぜそば」「塩らぁめん」の2つに力を入れているのがわかります。ええ、両方私の好きなものです。さらに、私の好物ワンタンもパワープッシュをしている・・・。さすがに2つは食べられない・・・(´・ω・)グヌヌヌヌ

 話題の「麻婆まぜそば」が今回の目的なのでこちらを注文しますが、次回は塩ラーメンwithワンタンも行かなきゃならないですね。というか、食べる。ゼッタイ。


 食券をイケメンスタッフさんに渡して、すかさず食卓チェック!!!


IMG_1890.JPG


 これ、完全に個人的な好みなんですけど山椒や胡椒はミルで削るスタイルが好きなんです。ただ、できればコップの直置きは避けてほしかった・・・。いや、いいんだけどね。布敷いても、お店の手間増えちゃいますし。

IMG_1891.JPG


 こちらは、塩らーめんの商品説明書きで、


IMG_1892.JPG


 こちらがサイドメニュー。
 塩らーめんのこだわり、すさまじいじゃないですかっ!!!!
 海人の藻塩、ぬちまーす、福潮の3種をブレンドした特製のタレに、北海道から取り寄せる麺はるゆたか。これだけ本州からかけ離れたものを東京の東陽町で合流させていると考えると、なぞの感慨深さすら感じられてしまいます(。-`ω-)コレタベタイナア

 5~6分の経過の後、配膳されてきました。


 今回注文したのは、計1品。会計980円。

■温玉付き 麻婆まぜそば & ライスセット / 980円(内税72円)


IMG_1894.JPG


 ででん、とやってきましたっ!!!!

 いやあ、背徳感満載のメニューですね(笑)

 麻婆混ぜそば & ライス & 温泉卵。

 もはや、淫靡な響きにすら思えてきました。


IMG_1895.JPG


 
 麻婆系のタレに、チャーシュー、葱、そして中太麺。

 使われている具材自体はシンプルに見えるのですが、こだわりぬいていることは先の説明からもわかっています。


IMG_1897.JPG


 チャーシュー、ごついっ!!!!?

 これは、食べごたえがありそうです。


IMG_1898.JPG


 それでは、早速混ぜ混ぜタイム。

 麺が重いかと思いきや、タレがしっとりしているおかげか、スルスルと混ぜることができます。また、シンプルな厳選素材だけが乗っているという状態がいいのかもしれなしです。私の細腕でも難なく混ぜ混ぜができます(´_ゝ`)マゼルヤデー


IMG_1899.JPG


 そこをちょこっと覗くと、この濃そうな麻辣の色彩感。つやっつや、こってこてな感じがたまんないですね(*ノωノ)ジュルリ


IMG_1900.JPG


 あー、もうたまんないっす。


 いただきまああああす!!!!

 ( ̄д ̄)ずばばばばばばーん

 (`・ω・´)もんぐもんぐ

 (*'ω'*)ピリッともちもち

 (ノД`)・゜・。うまいんじゃー



 こここ、これはおいしい。めっちゃおいしいですっ!!!

 評判に違わぬ、おいしさですっ!!!!!

 見た目的にはがっつり辛みが前面に出てきそうなのですが、そんなことはない。たしかに辛いのですが、刺激物のようにただただ辛いわけではない。タレ全体の旨味が甘みを生み出しており、そこに麻辣の辛みが合わさり気品のある味にまとまっています。

 なにより、この麺が良い感じです。

 麺自体が、しっとりとしたおいしさがあるといいますか。しっかりとコシがありながらも、みずみずしさを内包していて食べていて次々と口に運びたくなく歯ざわり舌ざわり。これは、たまらない一品ですね。

 もちろん、チャーシューもおいしいです。タレや麺自体に味がしっかりしているからなのか、こちらはあっさりとした仕上げ。しかし、トロッとした口どけで、麺と一緒にいただいてもまったく邪魔にならず、なんなら油の甘さも出てさらに旨味が増します。


IMG_1902.JPG


 刺激を足りない方には、山椒ミルで粗削りの山椒も言っちゃってもよいかもしれないです。
 ほんのり香ってくる山椒独特の香りが、食欲を刺激してきますね。

 そして、お待たせしました。


IMG_1903.JPG


 温玉、出撃っ!!!!!


IMG_1904.JPG


 くらえ、黄身のナイアガラアタックっ!!!!!!(´・ω・)コノテンションナンダヨ

 赤地のキャンパスに、白と黄のコントラストは映えますね。なんとなくゴージャス感が増します。

 温泉卵を投入したことにより、味はさらにマイルドに。全体的な甘みが増したので、後半に差し掛かっているにもかかわらずがんがんと食べ進めることができてしまいました。それどころか、ペロリですよ、ペロリ。


 こちら一品で、段階を踏んで味を楽しめる、というのはとても魅力が大きいですね。

 もとより約束された完成度の中で、次々とバリエーション豊かに味を変化させていけるので最後まで飽きることが一切ないです。

 また、食材一つをとっても、食べ進めいくうちにどんどんこだわりが感じられるようになってくるので食べることが楽しくなっていきます。

 これは、また行きたいです。


 ごちそうさまでしたっ!!!


IMG_1893.JPG


——————▼ ▼ ▼ 店舗情報 ▼ ▼ ▼——————

■ 店 舗 名:らぁ麺やまぐち 辣式(らぁめんやまぐち らつしき)
■住  所:東京都江東区東陽4-6-3 栗林ビル1F
■業  種:ラーメン、汁なし担々麺
■最寄り駅:東陽町…徒歩1分
[ここに地図が表示されます]

■食べたメニュー:温玉付き 麻婆まぜそば & ライスセット / 980円(内税72円)
■お 会 計:980円(内税72円)


この記事へのコメント